読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代後半の覚束ない妊活を記録する

30代後半。やっと妊活しようと思うようになりました。

精液検査を、一応、した

私が通っている婦人科は人工授精とかは扱っていなくて、もう37歳になったというのに悠長にここに通っていていいんだろうか。。と思ってはいる。

でも家からとても近い。歩いて10分かからない。予約制だし、もしかして繁盛していないのか、何十分、何時間と待つこともない。

そんな婦人科では男性側の検査は「簡単な検査だけ」とのことで、いつかやるかもと思い容器だけ頂いていました。

 

2~5日の禁欲期間も必要だし、毎月毎月私が生理になると

私「今度の土曜日に検査してくれたらうれしい」

オット「わかった」

というやり取りの後、金曜日飲み会で土曜日起きられない~土曜日起きたらすぐ仕事だ~禁欲期間足りない~で毎月毎月見事にスルーされ、今月やっと検査を受けることになりました。

精液採取したオットと待ち合わせて(私は家から出てカフェで待機)病院に一緒に行き提出、オットの保険証提出してお会計2,060円。

普段私は平日昼間に行っているので、あまり男性が待合室にいるのを見かけることも無く、なので一緒に病院に行かなくても良いとは言ったけど一緒に行くと言ってくれたオットはちょっとえらいと思いました。とは言え、「やっと」の検査なので相殺されちゃいますけどね。。その「やっと」も、先週の金曜日に喧嘩をした流れで謝罪の言葉とともに「検査受けます」だったしね。。

 

お会計待っていたら夫婦が病院に入ってきたので「仲間(=精液検査)かな」と思ったら奥さんはマタニティマークをバッグにつけていた。そりゃそうか。

 

検査結果は明日聞いてきます。